材料

ナノハイドロキシアパタイト
材料のカギとなるナノハイドロキシアパタイトは、歯の最小成分です。歯磨き粉に加えられることで、エナメル質を再石灰化し、強化させ、滑らかで光沢を生みます。とても高価であるため、選ばれた最高仕様の歯磨き粉のみが使用、その上私たちのものより濃度も低くなっています。私たちにとって利益は低いですが、それによってこの歯磨き粉は生まれました。
ソルビット
私たちはリンゴ、梨や桃に含まれるソルビット成分を特性濃度と柔らかさを保持するために使用しています。この成分は様々な製薬や、洗口液、シュガーフリーガムや近所の寿司屋にあるカニのすり身にも含まれています。
グリセリン
歯磨き粉の水分と滑らかさを保つためにこのシロップ液体を使用しています。ほのかに自然な甘みがありますが、砂糖と違ってプラークの原因となるバクテリアのエサになりません。この成分は低脂肪クッキーやキャンディーなどの乳製品や、ハリウッド俳優が泣いているように見せるために目の周りに塗るものにも使用されています。
私たちが使用している水は純水で、アメリカ食品医薬品局から医薬製品への使用許可を得ています。当社の調合によって、歯磨き粉の水分とペースト状の柔らかさを保持する役割を果たします。この水がなければ、歯磨き粉は絞り出さないと出てこないくらい固いものとなっていることでしょう。
ケイ土
他の歯磨き粉と同じように、私たちもケイ土を調合しています。最も一般的なミネラルの一つであるケイ土はとても固く、ホワイトポーセレンの主な成分でもあります。他の製品のようにケイ土を摩擦材として粗雑に使用するのではなく微粒子を使用することによって、歯を研磨するのではなく、優しく磨いてつやを出します。
キシリトール
当社では、多くの野菜や果物の繊維に含まれている自然甘味成分のキシリトールを活用しています。虫歯の原因となるバクテリアのエサとなる通常の糖分と違い、キシリトールはミュータンス連鎖球菌など口腔内の有害バクテリアを殺す役割を果たすともいわれています。それに加え、キシリトールはクールな爽快感をもたらします。
テトラリン酸ソーダ
この結晶質化合分は、歯石の形成にも繋がる唾液中のカルシウムやマグネシウムを取り除きます。テトラリン酸ソーダは安全なのでツナ缶、カニ缶、プリンやマシュマロなど様々な食べ物に使用されています。
ナトリウムメチル
ココナッツ由来の成分を使用することで、手動歯ブラシユーザーにも満足の泡立ちを可能にし、SLSなどの薬品を使わなくてもお口の中の清潔感を味わっていただけます。
雲母
この自然ミネラル成分を使用することで、歯磨きに光沢を与え、歯の表面につやを出します。昔から、雲母は口紅やリップグロスなどの最高級化粧品にも広く使用されています。
二酸化チタン
二酸化チタンは自然ミネラルの一つでとても白く、歯磨き粉を白くもし、歯磨き後一時的に歯を白く見せます。絶対安全であり、昔からスキムミルクの着色剤、日焼け止めの材料やタトゥーの色素剤など、さまざまな食べ物や化粧品として使われています。
カルボキシメチル
セルロースナトリウム
この低アレルギー性の植物由来成分を使うことによって、歯磨き粉の太さを保ち、成分がお互い分離しないように保持する役目を果たします。それによって成分の氷点が下がるため、寒い気候の中での配送には強いです。これと同じ成分が様々なメーカーのアイスクリームや目薬に使用されています。
クエン酸
レモンなどの果物に見られる独特の酸っぱさを持つクエン酸は、口内のpHバランスを保つために使用されています。口内の過剰な酸は歯の脱石灰につながり、過剰なアルカリは歯石形成につながるので、口内のpHバランスを保つことはとても大事なのです。
サッカリンナトリウム
高濃度のナノハイドロキシアパタイトから生まれる味にキシリトールだけでは調整が効かないため、このサッカリンナトリウムを使うことにより風味を甘くします。サッカリンは130年以上にわたって安全に使用されており、ゼロカロリーなのにとっても甘く、砂糖と違って口内の有害なバクテリアのエサとなりません。
アロマ
当社では純粋な植物から抽出しブレンドされたアロマを使用します。歯磨き粉にミントフレーバーを加えマイルドな爽快感を作りつつも、味覚に影響を与えるほど刺激的ではありません。